クレジットカード現金化業者の違法性をチェック!急な出費でお財布がピンチな時、銀行や消費者金融からお金を借りることが一般的ですが、審査に時間かかったり借りれないこともあります。そんなときにクレジットカードで商品を購入し、それを売って現金にするという方法があります。ショッピング枠現金化ともいいますが、その仕組みについて解説します。

現金化事情

ブラックリストに載っていても大丈夫なクレジットカード現金化

更新日:

ブラックリストに載ってお困りの人は居ませんか。

最近はリボリビング払い方式など返済方式が増えて、うっかり滞納していると直ぐにブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載った時は闇金以外から借金は出来ませんとされています。しかし、クレジットカードのショッピング枠は生きている場合が多いので、現金化なら現金を手にするケースもあるのです。

ブラックリストに載るとどうなるのか

ブラックリスト

ブラックリストとは、正式には指定信用情報機関に異動情報という事故記録が記されている状態のことを言います。

61日または3ヶ月間、クレジットカードの支払い、キャッシングローンの返済を滞納した人はほぼ確実にブラックリストに載っています。

この状態では既存に作っている消費者金融や銀行カードは既に利用停止になっており、新規に申込を行っても指定信用情報機関に情報を見に行きますから審査落ちが必須です。

ブラックリストに載る理由と消し方|ブラックリストの全知識|債務整理ナビ

何故クレジットカードのショッピング枠は生きているのか

ブラックリストにのってもショッピング枠は使える

消費者金融は、審査に通った後でも3ヶ月に一度のペースで信用情報期間にアクセスし、あなたの信用情報に変化が無いか確認をしています。

これは、金融庁と貸金業者向けのガイドラインで定められています。

銀行カードローンは法律上、確認を行う義務は業者にありませんが、行内与信の観点からは3ヶ月、6ヶ月に一度位のペースで確認を行っています。

この審査後の確認作業で他社の借入でのブラック情報を見つけると、いち早くカード利用を停止してくるのです。

では、クレジットカードのショッピング枠はどうかというと、クレジットカード会社によっては定期的な見直しを行っていますが、法律上義務は無いので大半の会社で行っていません。

カード会社は金融庁からの監督も緩いので、銀行のような社内ルールも無いところが多いのです。

結果、ブラックリストに載っていても、普段使いしていないクレジットカードのショッピング枠はバリバリ生きていて、現金化に利用する事が可能だったりします。

クレジットカードが使えるか見直しを

ブラックリストに載っていても大丈夫なクレジットカード現金化”について解説しましたが、いかがでしたか?

ブラックリストに載ってしまったという時は、手持ちのクレジットカードのショッピング枠が生きていないか見直してみましょう。

案外利用停止になってなかったりします。

-現金化事情

Copyright© クレジットカード現金化の方法!現金化業者を辛口チェック2017 , 2017 All Rights Reserved.