クレジットカード現金化業者の違法性をチェック!急な出費でお財布がピンチな時、銀行や消費者金融からお金を借りることが一般的ですが、審査に時間かかったり借りれないこともあります。そんなときにクレジットカードで商品を購入し、それを売って現金にするという方法があります。ショッピング枠現金化ともいいますが、その仕組みについて解説します。

現金化の注意点

振り込まれない!現金化で振り込まれない業者にあった時の対処法

更新日:

クレジットカード現金化をする時に不安で不安で仕方ないのは、現金化で振り込まれない詐欺会社にあった時です。その様な悪徳業者にあった時の対処方法について指南します。

警察は相手にしないので別の方法を

振り込まれない

整理すると、振り込まれないなどの詐欺被害にあったとしても警察や弁護士は動きません。

そもそもクレジットカードで決済を行い、商品が届く(それがどんなに価値がないガラクタの様な品でも)時点で商取引が成立しているので、警察や弁護士に幾ら被害を訴えても無駄です。

そこで重要になるのは、もし仮に詐欺被害にあった時はクレジットカード会社に決済機能の停止を行うことです。

その際、クレジットカード現金化をしたら詐欺被害にあったと馬鹿正直に言っては行けません。必ず『相手業者は商品が無いのに売ろうとした。いつ入荷するかわからないとか曖昧な事を言ってるのでキャンセルをお願いしたら断られた。カード会社の方で決済機能を止めて欲しい。』と言ってください。もし、当事者同士で話し合いをして下さいと言われたら、電話を無視して出ないと言いましょう。カード会社としては商品を行わないと言ってる業者を放置は出来ませんので、業者に確認の電話がかかります。

業者は目立ちたく無い

現金化業者は困る

上述の意味はカード会社に業者を注目させる事です。

業者は兎に角、カード会社に目をつけられる事を嫌います。カード会社に問題ある業者と思われたら、クレジットカード機能の凍結をされますので、営業が出来なくなります。

再度別人名義でカード会社と契約するのは時間がかかるのです。大慌てて電話が掛かってくるでしょうが、必ずキャンセルを主張して下さい。

一部が銀行口座に振り込まれていた時は、銀行に『組み戻し』という便利な制度があるので、組み戻しで金を戻せと言い切りましょう。

業者の一手上手を行く

いかがでしたか?"振り込まれない!現金化で振り込まれない業者にあった時の対処法"の説明でしたが、業者は兎に角知識のある煩い客を嫌がります。

詐欺被害に遭わない事が第一ですが、万が一詐欺被害にあってしまった時は泣き寝入りせずに一手上手の対応をして下さい。

-現金化の注意点

Copyright© クレジットカード現金化の方法!現金化業者を辛口チェック2017 , 2017 All Rights Reserved.