クレジットカード現金化の優良店

現金化の注意点

スマホ(ドコモ・AU・ソフトバンク)のキャリア決済で現金化!高換金率の業者と手順

キャリア決済で現金化

お金がないのにクレカももう使えない!」なんて大ピンチなあなたを救済する、とっておきの裏ワザをご紹介します。

それは「キャリア決済現金化」。低リスク、無利子で現金がすぐに受け取れる夢のようなワザなんです。

スマホのキャリア決済って何?

スマホのキャリア決済とは、ドコモ、au、ソフトバンクの携帯会社が提供しているサービスのことです。

毎月支払っているスマホ代と一緒に、ショッピングの支払いもまとめて後払いできる便利なサービスです。

キャリア決済はネットショップでもお店のレジでも幅広く利用することが可能で、すぐにお金を請求されるわけではないので、現金の持ち合わせがなくてもお買い物や食事やサービスの代金が支払えます。

しかも利用方法は、キャリアに登録したID・パスワード・暗証番号を入力するか、バーコード・QRコードを提示するだけでOK。

悪用されやすいクレカや個人情報を出す必要がなく、お手軽で非常に便利なシステムなんですよ。

各携帯会社のキャリア決済の利用限度額の一覧表をまとめました

キャリア決済の月々の利用限度額は、キャリアによって変わります。ここではドコモ、au、ソフトバンクの三社で、それぞれ利用限度額がどう設定されているのかを一覧にしてご紹介しますね。

ドコモ(d払い)

19歳以下…1万円
20歳以上…5万円

ただし、利用状況、支払い状況、ドコモ側の設定した条件によって1万円、3万円、最大10万円に変更されます。d払いの支払方法にクレジットカードを選択した場合は、そのクレカの利用限度額に設定されます。

au(auかんたん決済)

12歳以下…1,500円
13~17歳…1万円
18~19歳…2万円
20歳以上…10万円

ただし、利用状況、支払い状況に応じてau側で限度額を変更されることがあります。UQモバイルのスマホ・iPhoneでauかんたん決済を利用する場合は、特例で以下の利用限度額が設定されます。

12歳以下…1500円
13~19歳…1万円

20歳以上…契約期間3ヶ月までなら1万円、4ヶ月以上24ヶ月以下なら3万円、25ヶ月以上なら5万円

・ソフトバンク(ソフトバンクまとめて支払い)

11歳以下…2千円
12歳~19歳…2万円
20歳以上…10万円

この金額は最大値で、ソフトバンク側の判断で増減されることがあります。使用者情報の登録をしていなければ、12歳~19歳の利用条件が適用されます。

この表を見てみると、公表されている限りではどのキャリアでも最大10万円の枠内でキャリア決済が利用可能だということがわかります。

しかし、キャリア側の判断で減額されることもあり、特にドコモは基本的には5万円が限度額と考えた方がいいでしょうね。

決定版!キャリア決済の現金化の高換金率ベストはこれ!

このキャリア決済の機能をうまく利用して、限度額の枠内で現金を即時に調達する方法を「現金化」と言います。

ここで最も効率よく現金化できる方法をコッソリ教えちゃいますが、それは「ギフト券の購入」。

キャリア決済で手に入れたギフト券を、チケットショップや専門業者に売却するのが一番換金率の高い方法なんです。

他にはブランド物やゲーム機の転売で現金化する方法もあるんですが、これらは買い取り価格が安く、フリマサイトや宅配買い取りの場合は送料もかさばるため換金率が低いんです。

ギフト券なら誰が使っても額面通りの分使えますし、売却の際はギフトコードを送るだけで送料もかからないため、現金化に最適のアイテムだということです。

各キャリア決済の流れ、具体的な手順を紹介

ここからは、キャリアごとにどんな手順を踏めば、キャリア決済でギフト券が購入できるかをお伝えしていきます。

・ドコモ

  1. スマホから「ドコモオンラインショップ」にアクセス
  2. メニューからdアカウントにログイン
  3. 「商品をさがす」から「App Store & iTunesギフトカード」か「Google Playギフトコード」を選択
  4. 購入したい金額を選択し、「購入手続きに進む」ボタンを押す
  5. 画面に従って必要情報を記入し、支払方法は「電話料金合算払い」を選択
  6. 画面に従って注文完了

・au

  1. スマホから「auオンラインショップ」にアクセス
  2. 「デジタルコード」を選び、「App Store & iTunesギフトカード」か「Google Playギフトコード」を選択
  3. 購入したい金額を選択し、「購入」に進む
  4. 画面に従って必要情報を記入し、支払い方法は「auかんたん決済」を選択
  5. 画面に従って注文完了

・ソフトバンク

  1. スマホから「My Softbank」にログインする
  2. マイページのメニューから「iTunes(コード販売)」を選択(以前はAmazonギフト券も選べましたが、現在は販売を停止されています)
  3. 購入したい金額を選択し、「購入」ボタンを押す
  4. 画面に従って必要情報を記入し、支払方法は「ソフトバンクまとめて支払い」を選択
  5. 画面に従って注文完了

それぞれ購入完了直後にコードが発行されますが、それをチャージしてしまうと転売できないため、現金化できなくなります。

コードをタップせず、メモにコピペするかスクリーンショットを撮ることをおすすめします。

ギフト券を換金するなら優良レートの「買取ボブ」で

各キャリアでギフト券を入手したら、いよいよそのギフトコードを専門業者に買い取ってもらえば現金化完了です。

専門業者はネット上で見つけることができますが、おすすめは「買取ボブ」。

常に安定したベストレートでギフト券を買い取ってくれます。しかも、24時間365日いつでもすぐに対応してくれますし、振込までなんと最短10分。

銀行口座への振込手数料無料と至れり尽くせりですし、気になることはチャットで親切に答えてくれますよ。

キャリア決済現金化のリスクは?バレてペナルティはある?

キャリア決済を利用した現金化は、法的には規制されていないものの、携帯会社側が利用規約で禁止しています。

というのも、間接的な「無認可の貸金業」に加担してしまうことになるため、将来的に政府によって規制されることが予測できるからです。

もし規約違反行為が会社側にバレてしまったら、利用している携帯番号やIDが利用停止処分とされてしまう可能性があります。

会社側が悪質と判断した場合は強制解約。ブラックリスト入りして、今後他の携帯会社でも契約できなくなることも…。

キャリア決済で現金化した経験談・口コミ4つピックアップ

・よかった口コミ

クレカの請求額が支払えなくてやばい!って時に、キャリア決済で現金化する方法を知って助かりました。思いのほか買取ショップの換金率も高くて、スムーズに現金が手に入ってホッとしました。

こういうのって買い叩かれると思ったけど、本当に書いてある通りの換金率で現金化できました。クレカ現金化と違って、ドコモのオンラインストアで決済するからクレカ情報を危険に晒さずに済むのがありがたいです。

・悪かった口コミ

キャリア決済でスマホを買って転売してみたけど、大した値段で売れなくて失敗でした。メルカリで転売しようとしても全然売れなかったし、中古屋だと換金率60%くらいで査定されました。

キャリア決済で手に入るギフトコードは実店舗の金券ショップじゃ買い取ってくれないです。すぐに現金にしてもらうつもりで急いで持って行ったのに、ショックでした。

ネットだけのやり取りって不安になるかもしれませんが、ギフト券を確実に現金化してくれるみたいですし、深夜や休日にもすぐ対応してくれるのは大きなメリットですよね。

各キャリアのオンラインショップで色々買えますが、一番換金率がいいのはギフト券で間違いない模様。そして、買い取ってくれない実店舗に持って行かないように注意ですね。

まとめ:キャリア決済現金化はギフト券換金で間違いナシ

キャリア決済とは、ドコモ・au・ソフトバンクと契約しているスマホさえあれば使える、比較的安全で確実な現金化手段です。

各キャリアの公式ストアで購入したiTuneカードやGoogle Playカードを高換金率で現金化することが可能で、あまりにも目立つことさえしなければ、バレることなんてそうそうありません。

でもどうせ換金するなら、信頼性が高くて換金レートもいい、評価の高い現金化業者を選びましょう。