電子マネー現金化

【簡単】電子マネーを現金化する方法まとめ!スマホ決済・交通系電子マネーを賢く現金化

電子マネーを現金化

このページでは電子マネーを現金化する方法をまとめています。

  • EdyやSuicaにチャージしたものを現金化したい
  • paypayの残高を現金化したい
  • iD・QuicPayを使った現金化の方法を知りたい

このように電子マネーを現金化したい人の悩みを解決します。

電子マネーとは?

電子マネーとは、電子的なデータをやりとりすることによって決済を行う決済サービスのことです。現金に代わる決済方法として急速に普及が進んでいます。

電子マネーは、現金を使わずに支払いができる、とっても便利な「お金」です。カードがあるもの、カードなどはないけどネット上でやりとりできるもの、QRコードを読み取って決済するものなど種類があります。

引用:電子マネーって何? | Moneytree

電子マネーには発行元によって主に交通系・流通系・クレジットカード系の3種類に分類されています。以下が代表的な電子マネーです。

  • 交通系 Suica PASMO
  • 流通系 nanaco waon 楽天Edy
  • クレジットカード系 iD QUICPay

支払い方式はプリペイド型ポストペイ型即時払い(デビット)型の3種類があります。

プリペイド型は事前に現金をカードにチャージしておく方式です。

ポストペイ型はクレジットカードと紐付けられていて、後日、使った金額がそのクレジットカードの利用額と同時に銀行口座から引き落とされます。

即時払い(デビット)型は銀行のキャッシュカードと紐付けられていて、利用すると利用額が即時に銀行口座から引き落とされます。

電子マネー現金化の基本は「購入して転売する」

電子マネーで商品を購入して、その商品を買取店に売却したりオークションやフリマアプリに出品する方法が基本です。

少額の現金化なら確実にできますし、換金率が一番良く、手間もかかりません。

何より違法性もなく誰にも迷惑をかけることなく現金化ができます。

電子マネーで購入する商品は何が良い?

ギフト券にはいろいろな種類がありますが、ギフト券買取業者に買い取ってもらう上で最も手軽なのはamazonギフト券iTunesギフト券などの電子ギフト券です。

電子ギフト券はインターネットやコンビニで簡単に購入することができます。その中でも電子マネーを現金化するために購入するギフト券でおすすめなのはamazonギフト券です。

amazonギフト券はamazon公式サイトやコンビニなどで購入することができます。さらにamazonギフト券Eメールタイプなら、ギフト券の現物を買取業者に送付することなく、ギフト券番号をギフト券買取業者に送信するだけで買い取ってもらえます。

送付にかかる時間を節約して買取手続きがスムーズに行えるので、時間をかけずに現金化が可能です。

電子マネーを現金化するリスクは?

クレジットカードのショッピング枠を現金化するクレジットカード現金化では、現金化するためにクレジットカードを利用したことがカード会社にばれて、カードが利用停止になるというようなリスクがあることで知られています。

しかし、電子マネーを現金化する上ではそのようなリスクはありません。

家族や友人の代わりに買い物をするのも、電子マネーでギフト券を買うことも違法ではないので、行ったとしても何も心配する必要はありません。

電子マネーをコンビニを現金化する裏技

最も確実な電子マネーを使った現金化は「コンビニで商品を返品して現金化する方法」です。メリットはコンビニだけで現金化が完了するところ。

コンビニで購入した商品を返品する方式なら常に換金率100%ですし、5分とかからず現金が手に入ります。

購入する商品としておすすめのがタバコです。1カートンが5,000円ほどしますから貯まったポイントを効率的に換金ですますし、カウンター付近に陳列されるものですから店員さんの負担にもなりません。

注意して欲しいのは、この手法が利用できる電子マネーは

  • 交通系電子マネー
  • 楽天Edy
  • nanaco

の3つに限られていることです。

返品しても現金化できないケースもある

このコンビニを使った方法ですが、店側のミスなどで返品する場合はその場で現金で返金してくれますが、購入者の都合で返品する場合は返金が後日になってしまうこともあります。

合法的、確実に電子マネーを現金化する方法

コンビニで確実に電子マネーを現金化する方法は、家族や友達の代わりに買い物をした際に電子マネーで支払いをして、現金で買い物代を受け取る方法があります。

この方法も換金率は100%になるというメリットはありますが、都合良く買い物のタイミングが合うかどうか分かりませんし、多額の電子マネーを現金化するのは難しいですよね。

電子マネー(ICカード/スマホ)を現金化する方法

メジャーな電子マネーの現金化方法を解説しましょう。

  • Suica
  • PASMO
  • Apple Pay
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • Waon
  • QUICPay

上記の電子マネーは同じように現金化することができます。

・iDを現金化する方法

鉄道系の店舗で利用できるiDですが、効果的な現金化のやり方は限られています。最も換金率が高く、失敗しない方法は「プレイステーションストアチケット」の転売です。

アマゾンギフト券も購入できるのですがチャージタイプのみで転売には向きません。せいぜい友人に相談して料金を払ってもらい直接友人のアカウントにチャージするような方法しか取れません。

友人次第なところがあり、交渉する手間や時間を考えると選択肢から除外されるでしょう。
プレイステーションストアチケットならネットで第三者に販売できます。

転売先を見つける負担が小さいのでiDを現金化するならストアチケットにしておきましょう。

QUICPay(クイックペイ)を現金化する方法

iD以上に現金化が難しいのがQUICPayです。なんとアマゾンギフト券を購入できません。

ユーザーが多くいて転売相手を探す苦労が一番小さい金券なだけに、アマゾンギフト券を購入できないのは痛いです。

チャージタイプなら電子マネー払いに対応していますが現金化には向きません。

唯一、利用できそうな現金化はユニクロを使ったものです。ユニクロで商品を購入して別店舗へ行き返品します。

その場で現金を受け取れますが、ユニクロ店舗をハシゴする必要があり面倒です。

WebMoney(ウェブマネー)を現金化する方法

20年前からネットの支払いに広く利用されているWebMoneyでも現金化が可能です。やり方は簡単で、アマゾンギフト券を購入し転売するだけ。

転売先を業者にすれば時間をかけずに済みます。換金率を90%以上にしたいならネットオークションで売りましょう。

電子マネーを現金化する方法として最も効率的なのは、電子マネーでギフト券を購入してギフト券買取専門業者に売却する方法です。

実際に電子マネーを使って現金化した方の口コミ

急な出費で現金が必要になったので、電子マネーを現金化しました。amazonギフト券を買ってから買取業者に売却しました。意外に簡単に現金化することができて、換金率にも満足しています。
現金化というと悪いイメージしかなかったのですが、電子マネーでギフト券を買う現金化なら問題なくできるということで、安心して現金化できました。ギフト券買取業者を初めて利用しましたが、丁寧にやり方を説明してくれました。
電子マネーでブランド品を購入して、ブランド品の買取業者に持ち込んだのですが、あまり高い金額で買い取ってもらえませんでした。後で気付いたのですが、ギフト券の方が換金率が良いようですね。
現金化で何を買うか迷ったのですが、ゲームの買取を利用したことがあったのでゲームにしました。ゲームを買って、買取店に持ち込んでと手間と時間がかかった割には、手にできた現金が少なく感じられました。

口コミを見てみると電子マネーで商品を購入するよりも、やはりギフト券を購入した方が換金率や効率が良いようです。

ギフト券の方が買うのも売るのも簡単で、同じ金額を使ってもより多くの額を現金化できます。

電子マネー現金化のデメリット3つ

全てではありませんが電子マネーの中には現金化できるものがありました。しかしクレジットカードや金券とは違い一手間かかります。

特に次の3点は電子マネーを現金化する上で大きな負担です。

  • デメリット①一度に多額の現金を入手できない
  • デメリット②突然現金化できなくなるリスクがある
  • デメリット③現金を入手するまで時間がかかる

電子マネーはチャージして使用しますが、最大でも3万円ほどしかチャージできません。当然、一度に現金化できる額も3万円に制限されます。クレジットカードなら1度に10万円以上を現金化できますから、上限額が3万円では少ないですよね。

電子マネーで10万円を現金化しようと思ったら、「チャージ、商品購入、返品」を最低でも4回繰り返す必要があります。

ユニクロを利用するなら複数の店舗に足を運び、毎回店員に返品をお願いしなくてはいけません。手間と時間が相当かかるでしょう。人によっては「店員に余計な手間をかけさせている」と罪悪感にさいなまれる可能性もあります。

電子マネーで現金化するなら負担を軽くするために、返品作業に慣れている店員がいる店舗で行いましょう。

電子マネーを使うよりクレジットカードの現金化を利用すべき理由

やはり現金化するなら電子マネーよりクレジットカードを使う方が簡単でおすすめです。セルフでやる場合でも自分で自由に商材を選択できますし、換金率を犠牲にすれば即日の現金化にも対抗できます。

数十万円の大口利用であれば専門業者に頼んでも高い換金率が期待できるでしょう。

電子マネーはいつ店舗側が対応の方針を変えて利用できなくなるか分かりません。しかしクレジットカード現金化は商品をカード払いで購入できれば可能ですから、完璧に対応される可能性は低いです。

ゆとりを持って確実に現金化したいならカード現金化が有力候補でしょう。

クレカ現金化おすすめはこちら

電子マネーの現金化でよくある質問

チャージした電子マネーは取り戻せない?
一度チャージした電子マネーを取り戻すことはできません。資金決済法という法律で原則として払い戻しが禁止されているためで、各電子マネーの利用規約に明記されています。
ギフト券買取業者は安全に利用できる?
ギフト券買取業者の中には、明記している換金率から手数料などと称して不当に買取額を減額する悪質な業者も存在していますが、長年の実績があったり、古物営業許可を取得している優良店であれば安全です。自裁に利用した方の口コミを確認すると優良店が分かりやすいです。
電子マネーを現金化しても大丈夫?
電子マネーで商品を買ったり、ギフト券を買って現金化したとしても、単に転売しているだけなので法律上何の問題もありません。現金化したことを誰かに知られたり、電子マネーの利用を停止されたりする心配もありません。

電子マネーの現金化ならギフト券買取専門業者がおすすめ

ここまで電子マネーの現金化について、具体的な方法をご紹介してきましたが。

電子マネーの現金化はコンビニで返品するもの以外は手間がかかり、お世話になる店員にも負担をかけるため、おすすめできません。

一度に現金化できる額も3万円程度と少なく、ちょっとした金策以上のものにはなりません。まとまった現金が必要な場合は電子マネーで疲弊しないでクレジットカード現金化を考えてください。

-電子マネー現金化

© 2020 クレジットカード現金化サイト辛口評価【2020】口コミ比較ランキング