現金化の注意点

クレジットカード現金化の違法ってじゃないの?業者側&利用者側の問題点

クレジットカード現金化って違法じゃないの

クレジットカードのショッピング枠を現金化する目的で使う行為が違法ではないのか心配で手が出せないという声は実は少なくありません。

実際のところショッピング枠の現金化というのは全く法律に触れていないものなのかどうか、詳しく解説していきますので参考にしてください。

クレジットカード現金化は法律的には違法ではない

結論から言ってしまうと、正しいやり方でやるとクレジットカード現金化は全くもって違法ではありません。なのでその点については心配はいらないでしょう。

そもそもクレジットカード現金化はカード決済で商品を買い、それをお店などに売る事で行います。しかしこういった行為は現金化目的以外でも起こり得る事です。

例えば新幹線などの回数券を買ったものの、使う用事がなくなってしまうなんていうケースがあったとします。または間違ってそういったものを買ってしまう事もあるでしょう。その際、捨てるなんていう事はもったいなくてしたくないという人がほとんどのはずです。

なのでそのチケットを金券ショップに売り現金にするという事になるでしょう。こういったなんらかの事情があっての換金なのか、それとも最初からクレジットカード現金化目的での決済と換金なのか、境目が曖昧なので法律が作りにくいというのが現状です。

こういった事情から、今のところクレジットカード現金化を違法にはできていません

ただしクレジットカード会社の規約では禁止している

法律では問題なくても、クレジットカード会社の方の利用規約で現金化を禁止している事がほとんどです。なので違法ではないものの、現金化がクレジットカード会社にバレればカードの利用停止などのペナルティはうける事になるでしょう。

違法ではないから大腕を振ってクレジットカード現金化ができるのかというと、そうではないという事も同時に覚えておくべきです。

結論!現金化を禁止する法律はないが利用規約違反にはなる

クレジットカード現金化は法律では禁じられていませんが、クレジットカード会社の利用規約では禁止されています。

なので、違法ではありませんが堂々とクレジットカード現金化はできないと覚えておきましょう。

クレジットカード現金化の問題点

現金化の問題点

クレジットカード現金化の問題は業者側顧客側と両方にあります。
罪に問われることがあるために注意したいところです。

業者側の問題

クレジットカード現金化は実質高金利になると言う問題があります。

たとえば、換金率85%と言うと一見高いように感じますが、10万円利用したら1万5千円も業者に取られてしまうのです。

8万5千円の現金が手に入りますが、カード会社への支払いは10万円です。

手元に残る商品はキャッシュバック方式の場合は価値の無いビー玉などです。

買取方式の場合は返送しないといけないために手元には残らず、カード会社への支払いだけが残ります。

キャッシュバック方式の業者で出資法違反により逮捕された事例が過去にあります。

クレジットカードのショッピング枠の現金化業者による出資法違反事件で、初の逮捕者が出たとして各メディアで大きく取り上げられているが、その余波を気にかける声が各方面からあがっている。

引用 クレジット枠の現金化 暴利業者逮捕の余波は?:|NetIB-NEWS|ネットアイビーニュース

買取方式でも事前の換金率通りに買取しないと言うことがあるために注意して下さい。

顧客側のリスク

買取方式の場合、顧客側が横領罪に問われる可能性があります

支払いが終わるまでカード会社に商品の所有権があり、勝手に転売することはいけないのです。

キャッシュバック方式でも買取方式でもクレジットカード現金化はカード会社の規約違反です。この規約違反を行うとカード利用停止や強制退会と言った厳しい処分となってしまいます。

会員規約に同意したにも関わらず、禁止されているクレジットカード現金化を行うと詐欺罪になることがあるのです。

クレジットカードのショッピング枠の現金化に係る刑法研究会 取りまとめ PDF

カードローンから借りたほうが安心

クレジットカード現金化はいろいろな問題があるため、銀行からお金を借りれる方は、カードローンから借りたほうが安心です。

クレジットカード現金化では他の返済に回すと言う目的であることが多いですカードローンでは審査に通らないから仕方が無いと言う方はクレジットカード現金化で調達するのではなく、債務整理すると言う解決策もあります。

債務整理なら合法的に借金の整理ができるため、法律的に問題が発生することは無いです。

その代わりに自分で手続きするのが難しいため、弁護士または司法書士と言った借金問題の専門家に依頼してみて下さい。

債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所