現金化情報

クレジットカード現金化は違法?法律違反になる場合・リスク・注意点

クレジットカード現金化って違法じゃないの

手元に現金を用意したいけれども借金は避けたい、そんなかたに需要のあるクレジットカード現金化ですが、調べてみると法律的に問題があるという意見も少なからず聞かれます。

しかし、長年現金化を扱っている業者も多数あり、合法的な取引しか行っていないということも謳われているため、実際のところはどうなのか気になるという人も多いでしょう。

そこで、クレジットカード現金化は違法なのか、リスクはないのか、1つずつ確認していきたいと思います。

クレジットカードの現金化は違法じゃない?

クレジットカード現金化は法律的には問題ない?

クレジットカードの現金化は法律的にはかなりグレーです。

クレジットカード会社では現金化を目的とした利用を規約違反と定めています。

現行紙幣・貨幣などをクレジットカードで購入する事もショッピング枠の現金化に該当する行為です。このような取引行為を、弊社会員規約では禁止しております。

引用:三井住友カード|ショッピング枠の「現金化は厳禁です!」

このようにクレジットカード会社の規約には明確に現金化をしてはいけないという決まりがあります。

ただし、

・ブランドバッグや最新家電を購入
・交通機関の回数券を購入
・電子マネーを購入

これらをクレジットカードで行っただけでは何も問題はありません。

ですが、自身で使用するのではなく最初から売却が目的であった場合には、規約違反と見なされます。

分かりやすく解説すると

初めから現金化をするために商品券を購入し金券ショップで売却した」というと印象は悪いですよね。でも「友人にプレゼントしようと思ったけど不要になったので金券ショップで買い取ってもらった」というと行為そのものは同じでも印象はがらりと変わります。

このような曖昧さで適法・違法の線引きが難しいためグレーという現状を作り出しています。グレーだからといっても、クレジットカード会社の規約に『現金化を目的としたカードの利用を禁じる』という条文があります。

これは完全な規約違反なのでリスクのある行為であるということは間違いありません。法律的にセーフだから大丈夫という考えは大変危険です。

そもそもクレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは「ショッピング枠」を利用して現金を手に入れる方法のこと言います。

まずクレジットカードには「商品を購入することができるショッピング枠」と、「お金を借りるキャッシング枠」があります。

ショッピング枠を現金化する仕組み

ショッピング枠を現金化する仕組みは「意図的にクレジットカードで商品を買い、買った商品を業者に売って現金を手に入れる方法」これがクレジットカード現金化の流れになります。

クレジットカード現金化とは

ここで重要なのが『意図的に』というポイントで、例えばクレジットカードで必要な商品を購入して、その後、その商品が不要になった場合、オークションサイトやメルカリなどのフリマアプリで販売して現金を得ることは何ら問題ありません。

これを意図的に使い、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入して現金を手に入れようとすることがクレジットカード現金化にあたります。

どちらも「ショッピング枠で購入した商品が現金に変わった。」結果としては同じですよね。
  • 仕方なく売って現金を手にするか
  • 意図的に現金を手にするか

他社から見て「意図的かどうかの判断」は難しいところです。

そもそも「なんで現金化するのか」についてはこちらで詳しく解説しています。

何のためにクレジットカード現金化するの?損してまで換金する理由・目的を聞いた

現金化の体験談|あの時は現金化するしかなかった。体験者が語る“良かったこと”と“後悔したこと”

クレジットカード現金化する方法2種類を解説!

クレジットカードを現金化する方法としてには次の2通りの方法があります。

  • 買取式
  • キャッシュバック式

買取式とは

買取式はクレジットカードで新幹線の回数券や商品券など換金率の高い商品をショッピング枠で買い、その購入した商品を買取業者に売り現金を手に入れる方法です。

例えば5,000円で購入した商品券を金券ショップで4,000円で売却すると4,000円の現金が手に入ることができます。

手元にお金がまったく無くても、クレジットカードさえあれば4,000円の現金を手に入れることができるというわけです。

キャッシュバック式とは

キャッシュバック式業者で手続きをし商品を購入、またはショッピング枠を使った状態の見返りにキャッシュバックを受けるという方法です。換金率は大体90%と言われています。

5,000円の商品を購入した場合4,500円程度の現金をキャッシュバックとして手に入れることが可能です。

現金化の「キャッシュバック式」と「買取式」の違いとは?どっちが安全?

買取方式だと法律違反になる場合もあり得る

クレジットカードで購入したものを中古品として売ることで現金に換える場合には、その行為自体を法律違反と見るケースもあります。

クレジットカードで決済しただけでは何も問題はありませんが、自身で使用するのではなく最初から売却が目的であった場合には、規約違反と見なされます。

  • ブランドバッグや最新家電を購入し現金化
  • 交通機関の回数券を購入し現金化
  • 電子マネーを購入し現金化
そのため、換金性の高い商品ばかり購入した履歴が発覚すると、カード会社から買ったものをどうしたのか確認の連絡が来ることもあるため気をつけなければなりません。

現金化が発覚したらどうなる?

現金化が発覚すると、事実を認めた場合には即時カード利用停止の上で使った分の一括払いを求められ、応じない場合、もしくはカード会社によってはすぐに強制退会になります。

そうした約束のもとで作成されたカードですから、対応としては当然と受け入れるべきもので、知らなかったでは済まされません。

クレジットカードを利用した後、カード会社への振り込みが完了するまで料金を立て替えてもらっている状態となり、正確には購入した商品の所有権もカード会社側にあることになるのです。

所有権が自分にないものを勝手に売りに出すと、詐欺罪や横領罪に該当すると考えられます。

クレジットカード現金化を疑われた人の共通点・原因とは?疑われないための対処法

安全性を重視するならキャッシュバックが安心

一方のキャッシュバック方式は、商品購入特典として現金をプレゼントする、家電店や携帯ショップなどでもよく見られる方法で現金化を行います。

こちらは購入したものを売りに出す必要はなく自身で所有したままになりますので、買取方式のように横領罪に該当することはありませんからその点では安全です。

商品を購入したらキャッシュバックをもらった」という形だからこそ、キャッシュバックで合法的に現金化ができるようになっているのです。

自分で売買するのは違法性のリスクが高くなる

クレジットカード現金化は業者を通さなくても個人で行えますが、すべてが自己責任になります。転売目的でどんな商品を購入したか履歴にも明確に残りますし、規約違反及び横領罪の適用の可能性もあるでしょう。

また、通常不要品を売りに出すだけでは特別な許可は必要ありませんが、転売によって定期収入を得ていた場合、大金を得ていた場合には商売行為と見なされる場合もあります。

» 業者を使わないで自分で現金化する方法!リスクと危険性・失敗した人の話

現金化専門の業者を利用して現金化した方が安全!

営業に必要となる許可をきちんと取っている、買取方式の業者なら古物商許可証を得ている、貸金行為を行っていない優良業者を賢く利用するのが、法律違反を心配せずに法に則って現金化する安全な手段です。

  • 会社概要が明記されている
  • これまでカード事故を起こしていない
  • 無料相談窓口が設けられている

実際に利用する前に安心して利用できるかどうか、この辺りは確認しておくことをおすすめします。

現金化業者の平均換金率が80%前後ですから、目安としてそれよりもお得に換金できる業者であればなおいいでしょう。

手続きを早く済ませられ、契約後即時入金を約束しているところを選ぶのもポイントです。実際に利用したかたの声を参考にしてみてください。

なお、24時間365日いつでもインターネットから申し込める業者だとより好都合です。24時間営業のネット銀行を振り込み指定先にできる業者であれば、土日祝日も即日対応ができるため、より使い勝手がよくなります。

» クレジットカード現金化おすすめランキングを見る

まとめ

当然ですが、現金化利用額はカード会社への引き落とし期限までに用意できる分に留めておかなければなりません。

借金ではありませんが、クレジットカード利用分のお金を返せなければ、滞納と見なされリスクを負ってしまいます。

いざという時に合法的にお金を作る手段としては非常に便利ですが、現金化は支払い可能な額を計画的に利用しよう。

-現金化情報

© 2020 クレジットカード現金化サイト辛口評価【2020】口コミ比較ランキング