現金化の注意点

JCBクレジットカード現金化は厳しい?即バレした体験談と安全に現金化する方法

JCBクレジットカードは国内普及率が最も高いカードなので、一枚は持っているという人も多いのではないでしょうか。

使い勝手が良く、特典も充実しているので便利なブランドではありますが、現金化をする際にはどうなのでしょうか。

こちらでは、JCBカードの現金化についてご紹介していきます。

JCBクレジットカードで現金化はできる?

JCBカードのショッピング枠を使って現金化することは、厳密に言えば法律的に違法とは言えません。

但し、本来ショッピング枠とキャッシング枠が別々になっていることからもわかるように、何も問題がないというわけではなく、グレーゾーンの扱いになっています。

クレジットカードの現金化ですが、先ほど解説したしくみを見ただけでも、正当な手法ではないという印象を受けたのではないでしょうか。

しかし、これらの現金化に関しては、明確な法律違反とはなっていないのが現状です。

クレジットカードの現金化は違法?|JCB

そのため、現金化するときにはその方法が問題ない手段なのか、万が一問題視されたときにはどうなるのかということを知っておく必要があります。

また、違法ではなくてもカード会社ごとに現金化のペナルティを設定していることがあるため、注意が必要です。

JCBクレジットカードを現金化するときの注意点

JCBカードとアメックスは、他のカードブランドと比べても現金化についてチェックが厳しいと言われています。

常にカード不正使用検知システムのロボットに監視された状態で利用しなければならず、これが反応してしまうということはいつもと違う使い方をしていると認識されてしまうのです。

そこで、以下の注意点を踏まえて利用するようにしましょう。

いつもより高額な商品の購入すると疑われやすい

どこのカードブランドでも、利用者ごとに普段購入する商品の価格帯をチェックしています。

カードの現金化を利用する人は普段から高額の決済をすることは少ないため、いつもより飛び抜けて高額な商品を購入した場合、疑われやすくなります。

そこで、可能ならば普段利用している価格帯で数日に分けて商品を購入するなど、工夫する必要があります。

・同じものを一度に購入しない

現金化業者を利用したり、オークションで希少価値の高い商品を大量に換金したりしたい場合、どうしても自分一人で消費しきれないほどの同じ商品を購入する必要があります。

この場合も、異常な消費と判断されることが多くなりますので、注意が必要です。

例えば、店舗を変えて決済することで商品名の表記が変わりますし、日にちをずらして購入する、他のカードブランドも利用するなど、対策をとってみるのも良いでしょう。

新幹線チケットなどは疑われやすい

金額や数量にかかわらず問題視されやすいのが、商品券やギフトカード、新幹線チケットなどの金券類です。

普段から出張、付き合いなどで少量を長期的に購入し、なおかつきちんと返済している場合には、常識の範囲内であれば問題にされることは少ないですが、これまで全く購入していなかった金券類を突然まとめてカード決済で購入した場合、ほぼ確実にカード会社から問い合わせが来るでしょう。

返済期間が長いと問題視されやすい

現金化というのは、現金化した金額を後日ショッピングの返済として返していかなければなりません。

ですが、カード会社からすると金額や数量が不審な買い物を長期間かけて返済するという条件では、現金化に利用しているのではないかと疑うのは必然です。

そのため、せめて翌月一括払いにしてきちんと返済する意思を表示しておくと、少なくとも翌月きちんと支払えば問い合わせをせずに終わる可能性が高まるでしょう。

JCBカードで現金化がバレたらどうなる?

JCBカードは現金化の対応が厳しいと言われており、チェックだけでなくペナルティもかなり厳しいと認識しておく必要があります。

もちろん、現金化の内容にもよりますが、代表的なペナルティとしては以下のようなものが考えられます。

一括返済を求められる

ショッピング枠の利用を分割で返済できるのは、利用者とカード会社の間に信頼関係が成り立っているからです。

本来推奨されていない現金化のためにショッピング枠を使った場合、分割払いを認めずに一括返済を請求されることもあるでしょう。

カードの利用停止をされる

カードを現金化に利用し、さらに返済をきちんと行わないなど悪質な利用だった場合には、カードの利用停止をされることがあります。

こうなるとキャッシングにもショッピングにも使えなくなるばかりか、ブラックリストに入ってしまい、他のカードを作るのも困難です。

自己破産ができなくなる

借金の返済を免除される自己破産は、正しい借入れをしている人に限定されています。

そのため、カードの現金化というグレーゾーンの手続きをしたことが発覚すれば、自己破産の申し立てをして挟んできたとしても、借金は免除されません。

JCBカードで購入できる金券・商品券

カードが利用できないところで買い物をしたい場合には、JCBギフトカードや商品券などの金券を購入し、それを使って買い物をすることも可能です。

また、商品券などは金券ショップでも高い換金率を誇っているため、これを売って現金を手に入れることも可能ですが、カード会社にチェックされる可能性が高く、リスクも大きくなります。

どうしてもJCBで現金化したいなら

他のクレジットカードと比べても条件が厳しいJCBカードの現金化ですが、どうしても利用したいときにはいくつかのポイントを踏まえ、問題視されないように努力しましょう。

まず、現金化するときにはどうしても普段の買い物とは異なる内訳になりがちです。

そのため、長期的な返済になって滞納する恐れがあるリボ払いはしないように気を付けて、翌月必ず一括で返済するようにしましょう。

また、金額が大きいとそれだけでチェックされる可能性が高まります。

現金化するときには10万円以下を目安に、少額にしておくと良いでしょう。それから、金券類の購入はロボットに監視されます。商品の選択にも十分注意しましょう。

いざというときの非常手段と認識しておきましょう。

このように、JCBカードのショッピング枠を使った現金化というのは不可能ではありませんが、リスクも存在します。

とはいえ、通常のキャッシングやカードローンではなくカードの現金化を検討しているという人は、大体利用限度額いっぱいまで借りている、ブラック扱いされたくないなどの問題を抱えてお金に困っているものです。

そのため、決して安易にやってはいけませんが、いざというときの手段として知っておくのも良いでしょう。