現金化情報

クレジットカード現金化はカードの利用停止になるって本当?利用停止にならないためにはどうしたら良い?

クレジットカード現金化 利用停止

クレジットカードの現金化をするとカードが利用停止になってしまうリスクがあるという話を聞いたことがあるでしょうか。

クレジットカードを使って商品を購入した後、「現金にしただけだから別に悪いことは何もしていない…」と思うかもしれません。

しかし、実際に現金化をしてカード利用停止になってしまっている人もいるので注意が必要です。

ここでは、カード利用を停止されてしまう理由や、利用停止になりやすい方法となりにくい方法の違いを紹介します。

カード利用停止になってしまう理由とは?

クレジットカードの利用停止の通達を受けることになってしまうのは、基本的には会員規約やカード利用規約に違反したときです。

クレジットカードの審査を申し込んだときに規約を読んで内容を理解して、「同意した」という欄にチェックを入れたのを覚えているでしょうか。

そのときに規約を詳しく読まずに同意してしまった人もいるでしょう。

実は、規約内には「ショッピング枠の現金化をしてはならない」といった趣旨の文言が入っています。

カード会社によって規約にどう書かれているかは違いますが、例えば、「現金を取得することを目的として商品の購入などにショッピング枠を利用することはできない。」と記載されています。

これに違反したときのペナルティとして、どのカード会社でも盛り込んでいるのがカードの利用停止です。

言うまでもなく、カードが利用停止になると、カード払いが出来なくなります。

普段の買い物やレストランで使えなくなることはもちろん、水道光熱費などをカード払いにしている場合でも、それが支払えなくなります。

カードブランドによって利用停止期間は異なりますが、数日から次の更新まで、または、強制退会、カード支払い額の一括請求といったこともあり得ます。

カード会社が明記している現金化とは?

よく現金化の禁止事例として記載されているものが以下の3つのパターンの取引です。

  1. 商品購入の対価として合理的な金額以上を支払い、商品と現金を受け取る方法
  2. 商品購入をして、その商品を購入したお店や第三者に売って現金を受け取る方法
  3. 現金そのものや現金を含まれている商品を購入する方法

カード会社によって記載の仕方にも記載されているかどうかも違いますが、この3つのどれかに該当した上で発覚すると利用停止処分になる可能性があります。

カード会社はなぜカード利用を停止するの?

では、なぜクレジットカード現金化した人に対して、カード利用停止処分をするのでしょうか。

結論から言うと、

多重債務者になる恐れがあり、掛け金を回収できなくなる可能性があるから。

カード会社はもともと現金が必要な人のために厳しい審査をした上で決めたキャッシング枠も、ショッピング枠とは別に設けています。

しかし、キャッシング枠を使い切り、尚且つショッピング枠を現金化しようと考える人は、「計画性に乏しく、返済能力に欠ける場合がある」と判断されるためです。

ショッピング枠の現金化を許してしまうと、最悪の場合、貸し倒れになる恐れもあります。

そうならないために、早い段階でカード利用停止処分で手を打っているのです。

ペナルティはカードの利用停止だけ?

現金化による規約違反では利用停止がまず行われますが、さらにその時点での利用金額を一括返済を求められます。

現金化に該当するショッピング枠分だけでなく、全利用額をまとめて返済しなければなりません。

また、利用停止処分を受けた事実は信用情報機関によって記録されます。

そうなってしまうと新しくクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりするのが難しくなります。

利用停止になりやすい現金化方法とは?

このようにカード現金化は利用停止になるリスクがあることがわかりますが、どんな方法で現金化した人が利用停止になっているのでしょうか。

最も利用停止になりやすい現金化方法はいわゆる転売です。

クレジットカードのショッピング枠で商品を購入した後、その商品を売ることで現金にする方法です。

この方法は、先ほど「カード会社が明記している現金化とは」で言った②に相当する方法なので、バレてしまったらすぐに利用停止になってしまいます。

特に、必要性と金額が高く、クレジットカードで購入できるものはよく転売の対象にされています。

例えば、こういったものが挙げられます。

  • 新幹線の回数券
  • 最新のパソコンやテレビなどの家電
  • ゲーム機やおもちゃ

ただ、このような商品をカードで買って、売っても「いや、バレないんじゃない…?」と思う人もいるでしょう。

これまで、これらの商品で現金化をしている人がいるということもあり、カード会社が特に目を付けて確認しているので見つかってしまう可能性があります。

また、疑われやすいのが以下のようなケースです。

  • 今までカードを長い間利用していなかったのに突然高額商品を買った。
  • 同じ種類の換金性がある商品をいくつも、または何回も買った。
  • 普段は少額の買い物しかしていないのに高額の支払いが発生した。

しかし、現実には「100%転売だ」と判断するのは難しいのは確かです。

しかし、カード会社が詳しく調査していき、転売をしているのがわかったら利用停止処分にするといったケースがよくあります。

現金化業者ならリスクが低いって本当?

クレジットカード現金化業者ならカード利用停止になるリスクが低いという話を聞いたことがあると思います。

なぜ現金化業者を使うとリスクが低いのでしょうか。

現金化業者が採用している方法はキャッシュバック方式と呼ばれています。

キャッシュバック方式とは、クレジットカードを使って特定の商品をショッピング枠で購入した際に、キャッシュバック特典として購入者の口座に現金を振り込むという方法です。

このようなキャッシュバックはキャンペーンとしてスマホ、携帯電話やインターネット回線の加入時などにもよく用いられているため、合法性も理解できると思います。

実際の仕組みをもう少し詳しく確認してみましょう。

例えば、

  1. 現金化業者に申し込みをして10万円を現金化したいと伝えると、「○○という商品を買うように」と指示されます。
  2. その商品をカードで購入すると換金率が90%であれば9万円がキャッシュバックとして振り込まれる。

という仕組みです。

先に述べた、「カード会社が明記している現金化とは」の①の部分で、商品に対して合理的な価格が付いていなければ違反になる可能性があります。

しかし、合理的な価格になっていれば何も問題はないショッピング(買い物)になります。

また、定価が明確なものでなければ合理的な価格かどうかの判断も難しいので、高めの価格になっていてもリスクは低いことに変わりはありません。

まとめ

クレジットカードの現金化は自分でやるなどやり方によっては利用停止になるリスクが高いのは確かです。

しかし、現金化業者を利用すればショッピングに対するキャッシュバックという形を取っているのでリスクはかなり低減されます。

転売の方が自分だけでできるから気軽と思うかもしれませんが、安全性の高い方法としてクレジットカードの現金化は専門業者を利用するようにしましょう。

-現金化情報

© 2020 クレジットカード現金化サイト辛口評価【2020】口コミ比較ランキング