現金化の注意点

VISAカードは安全に現金化できる?現金化するときの注意点とバレた時のリスク

VISAカードは日本でも多くの利用者がいるブランドですが、ショッピングだけでなく現金が必要になったとき、キャッシングを利用すると利用履歴がついてしまう心配がありますよね。

こちらでは、そんなときに便利なVISAクレジットカードの現金化の方法や、ばれた時のリスク、注意点についてご紹介していきます。

VISAクレジットカードで現金化ができるのか?

VISAクレジットカードで現金を手に入れるには、通常のキャッシングを利用するほかに、ショッピング枠を現金化するという方法もあります。

例えば、商品を購入してキャッシュバックを受けるというものや、購入した商品を転売して現金を手に入れるといったものが代表的ですが、必ずしも問題がないとは言い切れません。

一部の方法については違法とは言い切れないものの、グレーゾーンの扱いであることを考慮して利用したほうが良いでしょう。

ちなみに、カードで購入した商品は、完済するまでは所有権はカード会社にあります。

そのため、自分の所有でもないものを転売するという行為は違法扱いになる可能性が高いです。

現金化を利用するにしても、本当に安全かどうかを確かめておきましょう。

VISAクレジットカードを現金化するときの注意点

VISAクレジットカードの場合、現金化するときにいくつか注意すべき点があります。

VISAは現金化についてチェックが厳しい

VISAカードは利用者が多いこともあり、使用されている場所や金額、内訳などについて独自の厳しいチェックを行っています。

例えば、図書券や商品券、VISAギフトカードなどを大量購入すると、カード不正使用検知システムに反応してしまうのです。

そして、いつもと違う使い方をしているのは現金化のために指示されているからではないのかと疑われる恐れもあります。

現金化目的で購入するときには、金券類ならば少しずつ、財産を売るという場合にはある程度期間が過ぎてからの方が良いでしょう。

いつもより高額な商品の購入すると疑われやすい

普段数千円~1万円程度の買い物しかしていない人が、いきなり高額な家電類や金券類などを買いあさっているのを見た場合、まず現金化を疑われます。

上記の場合もですが、まとまった金額や大量の発注などに注意するだけでなく、問い合わせが来たときにはきちんと回答できるような準備もしておいた方が良いでしょう。

また、最悪の場合に備えてきちんと返済できるだけの準備をしておくことも大切です。

同じものを一度に購入しない

現金化をするときには、金額が大きくなると目立ってしまいます。

また、生活必需品や定期的に購入しても問題ないものを除き、大量に同じものがそろっているという状況下では、確認の電話が入ってくることもあるでしょう。

・新幹線チケットなど疑われやすい
金券類以外では、新幹線チケットなどは意外と汎用性がありますので、もちろん販売しています。

回数券の綴りは割安になっているとはいえまとまった金額ですので、行先や金額などを確認する電話がかかる可能性があります。

現金化業者はきちんと選ぶ

カードの現金化は、自分で転売やオークションの手続きまでするとなるとかなりの手間です。

そのため、多くの人はクレジットカードの現金化をしている業者で手続きを取っています。

その際、悪質な業者は高額な手数料を請求したり、ちゃんとカードで決済をしても支払わずに姿を消したりと様々なトラブルを引き起こしてきました。

そのため、利用する現金化業者の安全性が必要です。

VISAカードは現金化がバレたら?

通常、常識の範囲内で買い物をする程度では使用者が唖然とするような結果にはなりません。

ですが、計画的に商品券などをカードで大量購入した場合、カード会社はまず取引の内訳などを見て、より詳しい調査に乗り出す可能性が高いです。

所有権がカード会社になっているものの転売は規約違反になりますので、ペナルティとして購入した商品代金の一括返済を求められるという罰則はあるでしょう。

また、借金が講じて自己破産しなければならなくなった時、書類の作成などで友人が手を貸してほしいと言い出したことを記入するわけにはいきません。

それから、自己破産の後は借金を帳消しにする免責という手続きに入りますが、すでに債務が残っている商品を転売ている人、返済できないとわかっていながら支払いが終わっていない商品も売却の対象にしていた人などは免責不許可事由となりますので、破産しても債務が残る形になるでしょう。

VISAカードで購入できる金券や商品券

できるだけ換金率を高く設定するには、需要が高い商品を購入する必要があります。

その最たるものがVISAギフトカードや商品券などで、金券ショップで売却したら90%以上になることがほとんどです。

これらは利用期限があるわけではなく、高価な身分の人が気兼ねなく買えるため、購入層も幅広いです。

ただし、商品券による現金化はリスクが高いという調査結果も出ています。

大量に商品券関係を購入した場合、カード会社から問い合わせが来る可能性が高いため、ハイリスクハイリターンな方法と考えておきましょう。

どうしてもVISAカードで現金化するなら

カードで購入したものは、完済するまではカード会社の所有です。

そのため、転売やキャッシュバックを利用して現金を入手するにしても、あまり長い間返済を続けていると不利になるでしょう。

そのため、できることならばカードは普通に買い物だけに使用して、どうしてもカードで現金化をする必要が生じたときは、付き合いが長くなるリボ払いはしないようにして、翌月からは必ず一括で返済するようにしておきましょう。

また、現金化の業者選びも大切です。

業者によっては、手数料を高額に設定したりカードの番号を盗んだりする人もいますので、ある程度業者についての口コミを見てから選ぶとよいでしょう。

常用せず、いざというときの手段として知っておくと便利

通常、現金が必要であればキャッシングやカードローンを利用することがほとんどです。

あえてクレジットカードの現金化を検討している人は、たいていが相当お金に困っていると考えてよいでしょう。

きちんと返済する余力があり、無理のない範囲で利用するのであれば一括返済を求められたときなどにすぐに対応もできますが、一括返済ができないときには重いペナルティが課せられます。

上記のような方法はありますが、決して安易にやらないようにしましょう。